めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『温かい人』 仲正雄先生

毎年、この季節になると、
春の訪れと共に結城に来てくださる仲正雄先生。

今年で4年目になりました。
1年目は「日常」、2年目は「声」、3年目は「夢」をテーマに。

そして今年のテーマは『温かい人』

15022402.jpg


母親として、妻として、女性として、
いえいえ、人として自分らしく温かい人でありたい。
...

15022401.jpg

目に見える部分、肉体に目を向けてきた20世紀は
その肉体の機能、効率に価値があった。
肉体=人間。
その人間にどんな機能があってどれだけ効率よく仕事をこなせるか、資格があるか、
そういったことが教育の中心になってきている。

対して、目に見えない部分に力を注ぐシュタイナー学校では。

学校の課題はすべて話し合い。
多数決をとらない、話し合い。

卒業していく子どもたち(高校生)は自由な卒業制作、卒業研究を1年掛けて行い、
大勢の人の前で発表する。
そこで発揮されるのは、世界に目を向ける力、世界とつながる力、とりくみ、まとめ、それを人に伝える力。

世界=他者=周りの人=家族...周りにコミットしようとする力、理解したいと思う力が創造力となっていく。


人の善意で支えられているWikipediaの仕組みのように、
世界にコミットする力が21世紀には求められている。
それはもちろん、自分の周りの人たちへの関心、理解から始まるということ。

15022403.jpg


*********
聞いたばかりの言葉を頭の中でとりこぼさないように...とまとめたメモです^^;
先生のお話は、不思議と時間が経ってからじんわりと体の中で芽吹いてきます。

半年後、ふと日差しの中で先生の言葉が思い出される。
1年後、子どもをみていて「あ、先生が言っていたことはこれ...!」と腑に落ちる。

そしてお話の後にはライヤー。

15022404.jpg

ゲルトナーさんのSpecialを作るための試作段階の一台だというご持参のライヤーからは、
やさしくやさしく、そして強く響きました。


明日からが、やっぱり楽しみになる。
仲先生のお話&ライヤーミニコンサートでした♪

PageTop

『大人としてできること』by澤口安城さん

昨年12月に引き続き、結城へきてくれた澤口安城さん。

そういえば、お招きする他の方々は「先生」とお呼びしているのに、
なぜか「さん」付けのままの澤口さん^^;
でもこの気さくさと近さが魅力のひとつです。

タイトルは
”大人として子どもにできること 大人として社会にできること”

日本史上最高に良い状態の第1・7年期と第3・7年期。
対して、課題のある第2・7年期。

めぶきメンバーのほとんどがこの第2・7年期の子育て中です。

「心が動く、ときめく」ことが子どもの成長の力になる時期。
管理やシステムの枠のないところで、自分の心が動く時間を少しでも多く過ごしてほしいと感じます。
それにしては忙しすぎる小学生の毎日。
どんどんシステム化されていく社会、学校。

世間を騒がすさまざまな事件は、
この時期に育まれる部分の欠如なのだと痛感。

世界に出会って心が動き、共感、興味から世界への畏怖が生まれる。
他者への愛、敬意が生まれる。
善悪の判断が育まれる。
判断は頭でするのでなく心ですること。
その心を育てるのが7~14歳の大事な時期。

そんな時期の子どもに対して大人のできることは?

大人自身がときめき、心を動かし、自分で動いてみること、
世界と関わっていくことなのだとのこと。
自分の人生を生きること。
おのずとそれは社会に対しての働きかけにもなっていきます。

その対極が「めんどくさい」という言葉なのかな、とも実感。


午後は地元の小学校でのメディア教育の講座もしてもらったのですが、
そこでも子どもがメディアについて大人以上の知識を持っている時代。
でもそこに判断力が伴っていないことへの警鐘でした。

共通する課題、そして大人の生き方が問われています。

夜は小山で懇親会♪
めぶきの会以外の飛び入りもあり、
話はもっとディープに...!
大人っていいですね!

楽しい時間をありがとうございました☆

PageTop

澤口安城さん来る!

去年、北関東へ熱風を運んでくれた澤口安城さん。

「衝撃的だった」
「ちょっと違う人が来たと思った」
「ポップなシュタイナー!」
「シュタイナーの新しい時代を開く人」
「”シュタイナー”も転換期を迎えていると感じた」
「熱い!」

これらは去年のお話を聞いたメンバーからの感想です。
さて今年は…?

新しいメンバーも増え、そして4年選手にも「そもそも?」ということでタイトルは
「シュタイナー教育とは?」と直球勝負。

__ 1

日本のシュタイナー教育現場の紹介から始まりました。

現状をよく知りつつ、常に今の日本、現代社会とのつながり、バランスを模索している澤口さん。

__ 4


横浜の教員養成を終えたメンバーや今期通われている方も駆けつけてくださいました
ランチしながらのお話も盛り上がりました☆

後日、メンバーからの感想。
『アンチシュタイナーのところがあると言いつつ
シュタイナーと周りの世界との際に立ち
高いところから冷静に見ておられているのかもしれません。
シュタイナーを深く求める人はどんどん深く入り行く世界だと思いますが
あまりにもピュアな世界に向かうこともありそうです。』

そんな現状もたくさん見てこられて未来を見つめる澤口さん。

私たちも明るい未来を描いていきたいですね♪


PageTop

めぶきフェスタ

めぶきの会が始まって3年半がたちました。

土を耕し 種をまき
めぶいたものが
花を咲かせ 実をつけ
小さな種をまくことができました。

たくさんのお客さんが足を運んでくださいました。



はじめての人形劇。
ningyougeki1.jpg

「おいしいおかゆ」
夏に星のハーモニーさんと一緒に作った立ち人形と
みんなで持ち寄った舞台装置です。

nigyougeki3.jpg

それからパステル講座。
虹の絵葉書が出来上がっていました。

pastel.jpg

日頃の活動のメインは講座や読書会。
紹介する展示も行いました。

__ 2

フォルメン。

__ 1

羊毛ボールは1年目の作品です。

__ 3

水彩。

__ 5

持ち寄りカフェと手作り品。

caffe2.jpg

caffe1.jpg

yamamotoya.jpg

shop1.jpg

お昼のあともパステル講座、そしておしゃべりに花が咲きます♪

osyaberi.jpg

子ども達はとちのみでワーイ!

child2.jpg

めぶきらしい ささやかで楽しい時間になりました。

次回は12月6日。
澤口安城さんの登場です!

PageTop

はじめてのオイリュトミー

今日はめぶき初めてのオイリュトミー♪

月野和先生のやさしい語り口から伝わるあついあつい熱。

I-A-O
歩く練習
銅のシュタープ
呼吸の動き
詩を通して母音を感じ
また別の詩から「親密」という魂の動きと子音、二重母音。
そして五芒星形。

__ 1

__ 2


2時間の中にたくさんの先生からのメッセージを受け取りました。

__ 3

__ 4

__ 5


終わった後の暗くした室内に、静かで濃密な時間が流れたことが一番印象的でした。

動き、響いた後の時間、音が消えた後をいとおしむような、
そんな時間。

来週はめぶきフェスタ。
この熱を、光を伝えたい、と思う一日でした☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。