めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

竹田喜代子先生~バイオグラフィー&響きの体験

秋晴れの茨城へ今年も竹田先生が来てくださいました。

竹田喜代子先生は音楽教育、音楽療法の第一人者。
めぶきの会を立ち上げる段階から見守ってくださっている、会にとって心の支えとなる存在です。

そして今年で80歳になられる大先輩としての先生に、今年はバイオグラフィーをテーマにお願いしました。
なんとご自身のバイオグラフィーシートをお持ちくださり、それを元に人生の軌跡、節目、リズム、鏡となる時期などをお話いただきました。

__ 1

幼児期(0~7歳)の育ち方が50代の生き方に関わってくること。
20代から40代にかけての戦いや葛藤の時期など。
60代以降はギフトの時期。人生の総まとめとして生きられたらいいなぁ…!


そして後半は響きの体験。
先生の持ってきてくださる楽器は普通とちょっと違う。
__ 2

__ 4


金属の塊で一見とても強そうな、硬い印象なのに、その響きは…
宇宙から聞こえてくるような、星が降ってくるようなそんな音。
やさしく、とおく、体の奥に入り込むような音。

実は治療の楽器で、体に効くのだそうです。
たしかに効きます。
でもお薬と同じで合う合わないがあり、たくさん聴けばいいというものでもないのです。

金属。
普段、あまり意識しない金属、その響き。

__ 3
__ 5


日常にはないその楽器の響きと、いつも一緒にいるためには?の問いに
「歌いましょう」と言ってくださいました。

この日持ってきてくださった歌はこんな歌詞でした。
このメロディを口ずさむとき、自分が静かになりますように。

♪ くらやみを つらぬき あゆみ
  あたたかさを おりなしつ
 あいにみちた ひかり
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。