めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

粘土と向き合う~プラトン立体

7月は桃原先生の粘土。

昨年よりも赤い粘土が登場し、
色彩からもパワーをもらえそう^^

14071602.jpg

14071601.jpg

まずは、
粘土の声を聴きながら球にしていきます。

輪になって掌にずっしりと重いその球を、
隣へ渡していきます。
かたさ、やわらかさ、
あたたかさ、つめたさ…
形だけでなくいろいろな感覚で粘土を感じます。

それから、
今回はその球を立方体にします。
正6面体。

14071603.jpg
14071608.jpg

14071604.jpg

そして6面体から正4面体へ。

14071607.jpg

さらに6面体から8面体への大転換…!

14071605.jpg
14071606.jpg

球体からの正12面体、
12面体からの正20面体。

14071610.jpg

などなど。
美しさ、数学や数や
それから作っていくときの自分の気質など、
面白い発見が随所にありました。

14071609.jpg

そして、
乳飲み子を抱えながらのプラトン立体というこのバランス感覚!すてき!

次回は8月。
つくば星のハーモニーさんによる人形劇や手仕事の時間です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。