めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

層技法、植物画にトライ!

年末のあわただしい中を縫って
層技法に挑戦しました。
課題は「植物画」

種まきカレンダーの表紙にもありました。
たねまきカレンダー

画面上のほうに黄色を
下のほうに紫をおきます。

__ 1


その画面のどこから緑が始まるか。
一筆一筆が最後の一筆と思って色をおきなさい、とは以前に教わったヴィンター先生の言葉。
「失敗はありません。ただその状態があるだけです」とも。

__ 2

__ 3

描きながら 遠くから眺めたり ときには画板を逆さにしたりして 色をみていきます。

どんな植物を描こう、とかこんな風に描こうかな、という自分の意図は忘れて
ただその色が画面のどこにあればこの絵が完成するかを考えていく作業。

朝から始めましたが 日が暮れて最後のかすかな光の中で書き続けました。

まだつぼみで終了。
__ 5

こちらは花が咲きました。
__ 4

5人で描いていましたが、終わった後は植物園にいたような気分。
伸びる、繁茂するエネルギーを感じました。

来年もよい年になりますように☆






スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。