めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仲先生@古河&結城

仲正雄先生が茨城にいらっしゃいました。

3月1日(土) 新月の晩。
古河文学館にて
テーマは「お父さんのゆめは?おかあさんのゆめはなに?~音楽のように生きる」

1961442_610194932387857_2020057991_n.jpg


「おいしくもまずくもない」「名もない」毎日食べても飽きない”家庭料理”のこと、
家庭料理は「私」だということ。

何もないところに道を作る男たちと
道も作らずおしゃべりをしながらことを始めてしまう女たち。

そして時間のこと。
音楽は時間だということ。

やさしいライヤーの響きが一人一人を包んでくれました。

10008336_610194915721192_1054593260_n.jpg



講演後、にわかに声をかけたお食事会に参加者の半分が残ってくれました。
(後ろ髪をひかれながら、帰らなければならなかった方々もいました。また次回!)
「先生の引力ですね^^」と先生に言ったら
「みなさんが話を聞いてそれぞれ”ホームラン”を打てたんですね。
それを報告したくて残られたんでしょう」とのこと。

主催者としては先生の温かいまなざしが本当にうれしい時間でした。


そして3月2日(日)。
魂のこよみが「春」に入る日曜日でした。

結城の弘経寺にて。
”むじな経”があるという不思議なパワーのあるお寺の本堂をお借りしました。
(そのおかげか、今回の公演では10年来や遠方からの偶然の再会がいくつもあったんです!)

テーマは「ここからはじまる」

始まる、ということ。
それは何かが終わるということ。
0になる勇気。始まる勇気。
自分の中に熱を持った衝動があるんですね。
それは誰の中にもある。

たくさんのメッセージのこもった講演会でした。

また来年、とお別れした仲先生。
来年、また少し成長した自分になってお会いできるように。

素敵な春の二日間でした。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。