めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さわぐちあんじょーさん登場!

めぶきにあんじょーさんが来てくださいました!

フリーペーパー375の”子育て男子部”を書かれている3児のパパであり、
長年シュタイナー業界に関わってこられて、
現代のアントロポゾフィーをつねに模索しておられる方です。

熱かったです!
ロックな2時間の講義でしたよ!!

個人的には多血の「さわやかあんじょーさん」に今まで触れてきたので、
講義の中で、
熱く目標を定め語る胆汁、
できないことは気長に待つ、無理なことは据え置く粘液、
難しい世界に潜り込んでいく憂鬱など様々な気質を見て面白かったです。

そして世界を柔軟に感じ、自分の中で考え、自分に何ができるか、と、
身近なできるところからまず行動する、
そして大きな仕事に取り組んでいく…その姿勢は、
まさにシュタイナー教育が目標にする「自由」なのかな、と思いました。
シュタイナー教育で育ったらこんな大人になるんじゃないでしょうか?!


教育、子育ても含めつつ、
世界、社会、といった切り口から最終的には「私」へとつながるお話。


また、考えるのが好きな人、楽しいことが好きな人、行動するのが好きな人のパターンがあること。
(好き、というより熱が入りやすいってことですね)
そしてめぶきの活動は「考える」が軸になっていることが見えました。

同じく結城で活動しているヒカリムスビさんも、シュタイナーを軸の一つにしておられるようですが、
そちらは「楽しい」「行動」の方かなと思います!
http://ameblo.jp/hikarimusubi/

同じ地域にそれぞれの活動がつながり合って存在しているって、なんだかいい。
とても嬉しい存在です。

講義に夢中で撮影を忘れましたm(__)m
お土産にくださった、鈴木一博先生の新訳本の画像を載せておきます。

image.jpeg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。