めぶきの会

シュタイナーの思想から子育て、大人の生き方、社会について学ぶ集まりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仲正雄先生「今日も元気に無理していこう!」

毎年、春の訪れとともに仲正雄先生がめぶきの会に来てくれます。

さかのぼること数ヶ月前。
「今回のテーマはなににしよう?」
「先生になにについて聞きたい?」

メンバーで「今、聞きたいこと」を相談します。

学ぶということ、先生が今伝えたいこと、無理なく生きる、回復すること。
いろいろ考えた挙句、決まったタイトルは…

「今日も元気に無理していこう!」

無理しない、がんばらないがこの頃の流行だけど、それってどうなんだろう?
ちょっと背伸びをしたり、ジャンプしたり、居心地悪くってもどうしてもこれに向き合いたい。
それって違うのかなぁ。
「無理のない人生」なんて…!


下野・天平の丘公園、秋山亭に現れた先生は暖かくて温かくて、そしてしっかりと私たちの目の奥を見つめてくださいました。

01.jpg

02 (1)

021203.jpg

そして先生の奏でるライヤーの響き。
耳に心地よく、そして不意に心をわしづかみにしていきます。

04 (1)

”個”を育てるべきは大人。
わたし、自分を確かにしていきたい。

それには毎日のくりかえし。
名もない料理を食べて、続く日常。

そして時にジャーンプ…!

そんな大人になっていきたいです。


スポンサーサイト

PageTop

竹田喜代子先生~バイオグラフィー&響きの体験

秋晴れの茨城へ今年も竹田先生が来てくださいました。

竹田喜代子先生は音楽教育、音楽療法の第一人者。
めぶきの会を立ち上げる段階から見守ってくださっている、会にとって心の支えとなる存在です。

そして今年で80歳になられる大先輩としての先生に、今年はバイオグラフィーをテーマにお願いしました。
なんとご自身のバイオグラフィーシートをお持ちくださり、それを元に人生の軌跡、節目、リズム、鏡となる時期などをお話いただきました。

__ 1

幼児期(0~7歳)の育ち方が50代の生き方に関わってくること。
20代から40代にかけての戦いや葛藤の時期など。
60代以降はギフトの時期。人生の総まとめとして生きられたらいいなぁ…!


そして後半は響きの体験。
先生の持ってきてくださる楽器は普通とちょっと違う。
__ 2

__ 4


金属の塊で一見とても強そうな、硬い印象なのに、その響きは…
宇宙から聞こえてくるような、星が降ってくるようなそんな音。
やさしく、とおく、体の奥に入り込むような音。

実は治療の楽器で、体に効くのだそうです。
たしかに効きます。
でもお薬と同じで合う合わないがあり、たくさん聴けばいいというものでもないのです。

金属。
普段、あまり意識しない金属、その響き。

__ 3
__ 5


日常にはないその楽器の響きと、いつも一緒にいるためには?の問いに
「歌いましょう」と言ってくださいました。

この日持ってきてくださった歌はこんな歌詞でした。
このメロディを口ずさむとき、自分が静かになりますように。

♪ くらやみを つらぬき あゆみ
  あたたかさを おりなしつ
 あいにみちた ひかり

PageTop

バイオグラフィー講座~薄久保先生

9月の最後はバイオグラフィー講座。
めぶきへ初めてお招きした薄久保先生。
2日間の連続講座でした。

19.jpg

地元の宇都宮をはじめ、
新しく集まったグループがしっかりと根付いていくのをサポートしたい、という気持ちで来てくださいました。

バイオグラフィー、人の一生の曲線から。

15.jpg

16.jpg

それから、今私たちめぶきメンバーのいる21~49才をテーマに水彩。


__.jpg


09.jpg




2日目は49才以降の赤と青。

11.jpg

14.jpg


それぞれの毎日、それぞれの人生を振り返りました。
荒波の中にいる人も 乗り越えて明るい日々に感謝している人も、
お互いの言葉を聴き合いました。




秋はミカエルの時期。

日差しと涼しい空気の中、自分と向き合います。

PageTop

水彩〈層技法〉~伊藤先生

5年目のめぶきの会はちょっと背伸びをして”層技法”に挑戦することにしました。

同じ絵の具、同じ紙を使っても
水で紙をたっぷりぬらした上で描くぬらし絵(にじみ絵)と違う層技法。

一筆一筆、色と私に問いかけながら空間を決め、塗り、乾かします。

今回の"青"という色の力と層技法の呼吸で、部屋が心地よい静けさと緊張感に満ちていきます。

01.jpg

05.jpg

04.jpg


絵を乾かす時間。

tuika2.jpg




絵筆を手にとる機会もなかなかない日常の中で、向き合った"青"。

tuika1.jpg


落ち着きや光とともに、自分の中の迷い、覚悟、緩み、視野…さまざまな思いや考えを引き出してくれました。

__ 1

最後に"赤"を入れて完成した絵、
持ち帰った家の日々の中で色が深まっている絵、
次に筆が入るのを待っている絵…

02.jpg


次に色に向き合う時を楽しみに…☆

PageTop

水彩 ~河野辺先生

春の講座は水彩からスタート。
大田原市から河野辺先生に来ていただきました。

いつも以上に紙をたっぷりとぬらして始めます。

1年後の私、のテーマで。
6色の赤黄青からはじめの1色を選びます。

15042803.jpg

15042802.jpg



15042804.jpg



15042801.jpg



15042805.jpg


それぞれの仕上がりは、まさに「みんなちがってみんないい」。
Tシャツにしたいね!なんて想像も膨らみながらの2時間でした。

風がさわやかな、光溢れる季節になってきました。
色と遊ぶいい時期ですね!

次回は5月21日「めぶきの日」です☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。